カテゴリー: 小説

後半、丘陸コースのスタートホールに立つと、青々とした美しいフェアウェイが広がった。高く昇った太陽の下に爽やかな風が吹き抜けた。 前半はすっかり話し込んでしまったが、後半は、友情と競争心を入り混じえながら競い合った。子供の […]
晴也たちがゴルフ場のロビーに着くと、日焼けしたアリが真っ白の歯を見せながら両手を広げてやってきた。「ヘーイ、晴也」「何て久しぶりなんだ、アリ!故郷での暮らしはすっかり慣れたかい?」2人は抱き合いながら久しぶりの再会を喜ん […]
アリは、晴也と大学時代に知り合った親友だ。大学を卒業して就職をすると間もなく、故郷であるイスラエル支社へ異動になってしまった。 晴也は、マリブカントリークラブのシーサイドコースを見下ろしながら、アリとの再会に思いを寄せて […]
1964年に祖父が作ったマリブカントリークラブは、オープン当初、無名のゴルフ場だった。 ところが、2年後の1966年、ゴルフワールドカップが日本で開かれたのをきっかけに第二次ゴルフブームが巻き起こり、ゴルフ人口が急増し、 […]
晴也は自宅の屋上からマリブカントリークラブのシーサイドコースを見下ろしていた。マリブカントリークラブは、港に面した爽やかな風が吹くシーサイドコース、山手の丘に広がる緩やかな傾斜を利用した丘陸コース、平地にそびえ立つ林を切 […]