• YJコードから、work_tableの商品名を取り出す
    =IF(COUNTIF(work_tbl!$B$1:$B$2781,E2)=0,”該当なし”,OFFSET(work_tbl!$B$1,MATCH(E2,work_tbl!$B$2:$B$2781,0),-1))


  • YJコードから、yj_codeの商品名を取り出す
    =IF(COUNTIF(yj_code!$B$1:$B$14077,E2)=0,”該当なし”,VLOOKUP(E2,yj_code!$B$1:$AI$14077,7,FALSE))


  • YJコードから、JANコードを取り出す
    =IF(COUNTIF(work_tbl!$B$1:$B$2781,E2)=0,””,VLOOKUP(E2,work_tbl!$B$2:$H$2781,6,FALSE))


  • 商品名から、JANコードを取り出す
    =IF(COUNTIF(work_tbl!$A$1:$A$2781,B2)=0,””,VLOOKUP(B2,work_tbl!$A$2:$H$2781,7,FALSE))


以下のものを取り出すときは、VLOOKUP関数の第3引数を変える
(JANコードから取り出すときは値からマイナス1)
統一薬品:8、包装単価:3、包装薬価:5、メーカー:4、薬価:6

  1. 商品名をwork_tblの商品名に合わせる
    YJコードからJANが取れたが、商品名からJANが取れなかったものは、
    商品名が違う・・・値のみコピペする
    【注意】work_tblに載っていない商品は該当なしになっているので
    それまでコピペしないように要注意


  2. 在庫数を抜き出す
    =IF(COUNTIF([epi3店舗.xls]相生スマイル薬局!$B$2:$B$1905,M2)=0,””,VLOOKUP(M2,[epi3店舗.xls]相生スマイル薬局!$B$2:$G$1905,6,FALSE))